人は少ししか知らぬ場合にのみ、 知っているなどと言えるのです。 多く知るにつれ、 次第に疑いが生じて来るものです。


人は、知らないことほど、知ったかぶりしたくなるものです。

難しいことを知っている人は、他人にはわかりにくいのであまり話さないものです。

説明が面倒ですから

『私はたくさんのことを知っています』 『私の人生は、どんどん進んでいます』 『私は、自分を尊敬することができます』

サンキュークリエイター


13回の閲覧