喜びが不在ならば その間ずっと悲しみが存在する


私たち人間は、いつも何かの感情が宿っています。 『無』って、ことは無いんです それなら 『悲しみ』に入り込まれない様に いつも積極的に 『喜び』作ってしまいましょう! そっちの方が 断然簡単です! 『私はいつも喜びに満ちあふれています。 サンキュークリエイター』


6回の閲覧